ロルフコンセプト 姿勢と心のリハビリ
 · 

筋膜と痛み 

腰痛、肩こり、首こりなどの痛みの原因は様々なことがありますが、意外にも筋膜が原因なこともあります。

 

病院に行って検査を受けても分からない、薬を飲んでも電気を当てても温めでも治らない痛みは筋膜が影響しているかもしれません。

痛みとは? 痛みの定義

筋膜と痛みの話の前に、「痛み」の定義についてご紹介します。

 

「痛み」に定義があるのはご存知でしょうか?

 

人によって感じ方が違う「痛み」を数値化、定量化することは難しいですが、

2020年7月16日、国際疼痛学会(International Association for the Study of Pain:IASP)に「痛み」の定義を発表しました。

 

41年ぶりの改訂だそうです。以下定義になります。

 

・原文

[An unpleasant sensory and emotional experience associated with, or resembling that associated with, actual or potential tissue damage.]

 

・和訳

「組織の損傷時、あるいは組織の損傷が起こりそうな時、またそれに似た不快な感覚体験および情動体験」

 

 上記の定義に加えて6項目が付記されており、その中には

「生物学的」、「心理的」、「社会的要因」について触れていたり、

人生経験を通して、個人は痛みの概念を学ぶ」といった内容が付記されています。

 

非常に抽象的な表現だと思いますが、それは「痛み」がとても複雑であり、個別性を持っているためです。

 

なので、人が痛いと思ったらそれはもう「痛み」となり、他人が判断するものではないということですね。

 

長くなりましたが、「痛み」と「筋膜」の関係性については以下をご確認下さい。

 

筋膜と痛みの関わり

筋膜が痛みと関わりがあるの?と思う方が多いと思いますが、実は筋膜には感覚神経が多く存在しています!

 

ただの筋肉を包んでいる膜ではありません!

 

別名、身体で最も大きな感覚器官とも言われるくらい多く含んでいます。

 

神経の中でも、特に自由神経終末は筋膜の中で多く見られます。

自由神経終末は何に関わっているかというと、筋膜に加わる力や感覚、また血流量の調整を行う自律神経の機能にも関わっています。

 

そんな感覚神経を多く含む筋膜ですが、筋膜の伸長性が低下したり、その影響で神経の滑走性が低下したりすることで痛みが出現すると言われています。

筋膜の伸長性の低下

筋膜の伸長性の低下とは、本来柔軟性のある筋膜が硬くなってしまっている状態です。

 

慢性的な腰痛の方の胸腰筋膜(腰にある筋膜)は伸長性・滑走性が低下し、肥厚しているという報告があります。

感覚神経を多く含む筋膜の伸長性の低下は、異常な感覚や感覚を鋭敏にしてしまうため、痛みの原因の一つと言われています。

 

筋膜の伸長性低下の原因としては、コラーゲンやエラスチン、レチクリンなどの筋膜の線維が増えすぎてしまったり、ヒアルロン酸、などの細胞外マトリクスが高密度化することや、筋膜が脱水状態になることが考えられています。

神経の滑走性の低下

末梢神経由来の痛みとして、神経が絞扼(しめつけられる、圧迫される)されることで起こると言われてきましたが、最近になり神経の滑走性が無くなることでも痛みが見られることが分かってきました。

 

神経の滑走性の低下が起こる原因として、神経の周りにある筋膜が影響しています。

 

 

感覚や運動の指令を伝える神経線維は、実は筋膜に包まれています。その神経を包んでいる筋膜は、さらに周りにある筋膜と繋がりも持っています。そして、神経は筋膜の機能(ネットワーク機能)のおかげで、周りにある筋肉や血管の影響を受けることなくそれぞれが協調して動くことができています。

 

そのため、筋膜の制限が見られてると神経が周りにある筋肉や血管と協調的に動けなくなり、神経の滑走性が低下した状態となり痛みに繋がります。

痛みは筋膜リリースで解決!

伸長性が低下している筋膜に対して必要なことは動かすことです!

伸長性が低下している筋膜を動かしてあげることで、水分の移動や循環の改善を通じて組織の再編を促すことができ、本来の柔軟な筋膜を取り戻すことができます!

 

それが出来るのが筋膜リリースです!

 

動かすだけなら簡単では、、、と感じる人も多いと思いますが意外と難しいです。

 

人の身体の特徴として、強く摘んだり、早く動かしてしまうと筋膜は硬くなってしまい動かなくなってしまいます。

 

自分の身体で試すなら、耳たぶを摘み、その摘む強さや速さで耳たぶの伸び方が変わるのがわかるかと思います。

 

また、神経の滑走性を変えるためには、神経周囲の筋膜へアプローチしないといけないため正確な触診が必要になります。

 

なので、筋膜の知識があり触診ができる専門家の施術を受けることをお勧めします!

 

千葉にお住まいの方は是非Rolf-Conceptへお越し下さい。

まとめ

筋膜と痛みの関係は、筋膜の伸長性の低下とそれに伴う神経の滑走性の低下が痛みに影響しています。

 

筋膜による痛みの改善には筋膜リリースが有効です!