ロルフコンセプト 姿勢と心のリハビリ
 · 

2022/03/13(日) 実技紹介!!米国認定S.I Practitioner が伝える頭頸部への筋膜リリースアプローチ

2022/03/13(日)に「筋膜リリースウェビナー 頭頸部」を開催します!

 

講義は、筋膜リリースに必要な筋膜の基礎知識から、頭頸部の構造・筋筋膜の繋がりについてお伝えします。

 

実技は、頭頸部への筋膜リリースアプローチをお伝えします。

 

お伝えした実技・講義はYouTubeで復習も行えます!

 

詳しくは下記をご確認下さい。

 

 

セミナー詳細

Rolf-Concept.labの筋膜リリースとは?「臨床筋膜リリース」
米国で学んだStructural Integrationを元に、老若男女、疾患を問わない臨床に特化した筋膜リリースです。
一般的な組織を破壊する侵襲的な介入ではなく、筋膜が持つ「水和作用」、「適応性・可塑性」の特性を考慮したアプローチとなります。行為の問題を「局所の筋膜の制限による視点」と、「筋膜の繋がりとして捉える全体の視点」の二つの視点で治療を展開していきます。

「Structural Integrationとは?」
ロルフィングの元となる、アイダ・ロルフが考案した10回のセッション(施術)で重力に適応した姿勢へと導く、筋膜に対するアプローチです。各1〜10までのセッションには働きかける部位が決まっており、呼吸の改善からはじまり表層〜深層にかけての筋膜を段階的に介入し私たちのからだの構造(Structural )を統合(Integration)します。

「セミナー詳細内容」
◯講義:筋膜リリースに必要な筋膜の基礎知識から、頭頸部の構造・筋膜の繋がりについてお伝えします。

・筋膜の構成(線維、基質、細胞)

・筋膜の機能(ネットワーク機能)

・筋膜の異常
 線維化、ヒアルロン酸の自己会合、筋線維芽細胞

・筋膜の評価
 テンセグリティの特性と身体の特性から考える筋膜の評価

・頭頸部の構造と筋膜の繋がり、臨床への応用
 頭頸部の機能解剖学、各部位との協調性、頭頸部の筋筋膜の直列、並列、螺旋の繋がり、神経滑走部など

・筋膜リリース概要
 水和作用、可塑性、感覚入力、自律神経系の作用、注意点

◯実技 :頭頸部への筋膜リリースアプローチをお伝えします。

・介入部位:頸筋膜浅葉、気管前葉(臓側部)、気管前葉(筋側部)、椎前部、棒状筋膜など

・関わる筋:胸鎖乳突筋、斜角筋群、肩甲挙筋、僧帽筋上部線維、頭・頸長筋、舌骨上・下筋群、後頭下筋群など

※講義、実技内容の録画は繰り返し視聴が可能です

講師:星 圭悟(作業療法士、Structural Integration Practitioner)
回復期の病院に入職後、臨床において筋膜に興味を持ち臨床4年目で渡米しS.I Basicコースを修了。帰国後、S.Iを元に考案した「臨床筋膜リリース」を用いて臨床を行う。セラピストに効果的な手技を学んでもらいたい、より多くの患者様・利用者様に効果的な手技を受けてもらいたという思いからセミナーを始める。

 

お申し込み

セミナーのお申し込みやご質問がございましたら下記のフォームからお願いします。

カード決済をご希望でしたらその旨をご記載下さい。

メッセージ欄に、セミナー名、職種、電話番号(メールで連絡が取れない時のため)の記載を願いします。

メモ: * は入力必須項目です