ロルフコンセプト 姿勢と心のリハビリ
 · 

2022/01/16(日) 筋膜リリースウェビナー・セミナー 「手指」

2022/01/16(日)筋膜リリースウェビナー・セミナー 「手指」
2022/01/16(日)筋膜リリースウェビナー・セミナー 「手指」

2022/01/16(日)に「筋膜リリースウェビナー・セミナー 手指」を東京で開催します!

ウェビナーでも、セミナでもどちらでも参加できるハイブリットセミナーです。

 

講義は、筋膜リリースに必要な筋膜の基礎知識から、手指の構造・筋膜の繋がり、手指への介入のポイントについてお伝えします。

実技は、エコーを使った組織の動きの確認から手指への筋膜リリースアプローチをお伝えします。

 

講義・実技はYouTubeで復習も行えます!

 

詳しくは下記をご確認下さい。

セミナー詳細

「伸ばす」、「揉む」だけでは改善ができない関節可動域制限や疼痛に対して、筋膜リリースがお勧めです!
筋膜の特性、部位の構造を考慮したRolf-Conceptでお伝えする筋膜リリースは、症状に合わせて介入ができるため臨床の幅を広げることができます。

 

 このセミナーでは、手指の機能障害(関節可動域制限、運動麻痺など)に対して応用できる筋膜リリースアプローチをお伝えします!

 

講義は、筋膜リリースに必要な筋膜の基礎知識から、手指の構造・筋膜の繋がり、手指への介入のポイントについてお伝えします。

 

実技は、エコーを使った組織の動きの確認から手指への筋膜リリースアプローチをお伝えします。

 

ウェビナーで参加される方は、初めの1時間30分で行われる講義と実技の紹介を視聴する形となります。

 

◯講義:筋膜リリースに必要な筋膜の基礎知識から、手指の構造・筋膜の繋がりについてお伝えします。

・筋膜の構成

・筋膜の機能

・筋膜の評価

・手指の構造と筋膜の繋がり

・筋膜リリース概要(水和作用、可塑性、感覚入力、自律神経系の作用、熱)

 

◯実技 :エコーでの組織の動きの確認から筋膜リリースの体験、筋膜の捉え方、手指に関わる部位への筋膜リリースアプローチをお伝えします。実技は手指の機能障害(関節可動域制限、運動麻痺など)に対して応用することができます。

 

・介入部位:・介入部位:屈筋支帯、伸筋支帯、手掌腱膜、指背腱膜、皮膚靭帯、母指球中隔、小指球中隔、指屈筋・伸筋腱など

 

・講師:星 圭悟(作業療法士、Structural Integration Practitioner)

 

・アシスタント:小宮裕(理学療法士)


◯日時:2022/01/16(日) ウェビナー:13:00-14:30、セミナー:13:00-16:30

◯場所:Rolf-Conept 千葉県千葉市中央区新千葉2丁目14-6 202

 

◯受講料: ウェビナー:3500円 セミナー:8800円
※カード決済も可能です。お申し込みの際にその旨をお伝え下さい。


◯対象:興味のある方

◯定員:ウェビナー:20名、セミナー:4名


◎セミナーでの感染防止対策◎
・入室時の検温の実施
※37.5℃以上の発熱、体調不良のある方はセミナーへの参加を自粛していただきます。

・常時換気

・マスク着用の義務化

・実技毎の手指消毒の実施

・ベッドの間隔を2m以上設け、最小接触人数での実施

お申し込み

セミナーのお申し込みやご質問がございましたら下記のフォームからお願いします。

メッセージ欄に、セミナー名、職種、電話番号(メールで連絡が取れない時のため)の記載を願いします。

メモ: * は入力必須項目です