ロルフコンセプト 姿勢と心のリハビリ
 · 

2021/3/27(日) 神経生理学ウェビナー 運動学習

2021/3/27(土)13:00-15:00に神経生理学ウェビナー「運動学習」を開催します!当日ご参加頂けない方も受講可能です。録画したウェビナー内容をご視聴頂けます。

 

 認知神経リハビリテーション学会で活躍されている安田先生をお呼びして、運動学習の神経生理学から、評価、アプローチまでお伝えします。

 

ウェビナーは何度も見返すことができます!

 

参加方法や内容は下記をご確認下さい。

ウェビナー詳細

 

※当日ご参加できな方も受講が可能です。録画内容をご視聴頂けます。※

 

効率的な動作や質の高い動作を獲得するためには筋や関節への介入だけではなく、

対象者の情報処理過程(身体、動作、環境の捉え方)を推察することが重要になります。

運動学習する上で必要となる情報に注意を向けられていなかったり、

情報の誤差(身体の位置や動きの方向、環境からの感覚情報)が見られると非効率な運動制御や姿勢制御を生み出してしまい運動学習を妨げる原因となってしまいます。

今回のセミナーでは、認知神経リハビリテーション学会で活躍されている安田先生をお呼びして運動学習に必要な神経生理学から、動作や発言から考えられる対象者の認知過程の臨床推論、アプローチまでをお伝えいただけます。 

 

○セミナー詳細

 

・日時:3/27(土) 13:00-15:00

 

・料金:3500円

・講師:安田真章先生

 

・ご略歴

2005年

千葉県医療技術大学校卒業

同年

八尾はぁとふる病院勤務

2007年

東京湾岸リハビリテーション病院勤務

2011年

首都大学東京 大学院 人間健康科学研究科 博士前期課程 入学

2015年

脳梗塞リハビリセンター 業務委託勤務

同年

認知神経リハビリテーション学会 理事 就任

2016年

首都大学東京 大学院 人間健康科学研究科 博士後期課程修了

2020年

東京大学医科学研究所附属病院勤務

 

・ウェビナー内容

 

 

○座学:運動学習を理解するために必要な神経生理学○

・行為が生まれるまでの神経生理学

・知覚について(対象者の主観的視点、客観的視点から)


○実技:認知神経リハビリテーションで行われる評価とアプローチの紹介○

・評価:発言、動作から考えられる臨床推論

・治療:認知神経リハビリテーションで行われているアプローチ 


○参加方法
Zoomでセミナーを実施します。

開催前日までに参加URLをメールにてお伝えします。

 

※「rolfconcept.info@gmail.com」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。

 

お申し込み

下記のお申し込みフォームよりお願いします。

 

※1カード決済希望の方は、メッセージ欄にカード決済希望の旨をお伝えください。

※2rolfconcept.info@gmail.comのメールアドレスからメールを受け取れるように設定をお願いします。

メモ: * は入力必須項目です

友だち追加