ロルフコンセプト 姿勢と心のリハビリ

筋膜リリース

ストレッチやマッサージとは違う筋膜へのアプローチ、

 

筋膜リリースでカラダのお悩みを解決していきます。

筋膜とは?

筋膜は筋肉を包むだけの膜ではなく、骨や内臓、神経を包んでいる膜のことであり全身を包んでいます。

 

 

そのため筋膜の制限は局所だけでなく全身に影響を及ぼし、筋肉や関節の硬さを生み

痛みやカラダの不調の原因となります。

 

 

筋膜は本来写真のように水々しいものですが、水分を失うと硬くなり歪みや制限を生み出してしまいます。

 


筋膜リリースとは?

器具や道具を使わず、全て施術者の手で制限や歪みのある筋膜を整えていきます。

 

筋膜に適切な刺激を与えることで、柔軟で滑らかな筋膜へと変えていき、硬くなった関節や身体を改善させていきます。

 

筋膜や筋膜リリースについてもっと知りたい方はこちらから


ストレッチとの違いは?

左の図は、筋膜を表す際によく使われる図です。

筋膜は全身を覆っているため、一つの歪みや縮みが他の部位へ影響します。

 

 

マッサージやストレッチでは歪みが出た部分を揉んだり、伸ばしたりしますが、筋膜リリースは全身の繋がりから考え歪みや縮みを作り出した部位へ施述を行います。

 

 

下がってる右肩に施術をするのではなく、

右肩を下に下げているフックの部分に対して施術を行うイメージです。

こんな方へ

膝の痛み

膝の痛みは膝だけの原因ではありません。

筋膜の繋がりが見られる足関節や股関節への介入も必要になります。

詳しくはこちらから

肩こり、首こり

揉んでも、電気をあてても治らない肩こりや首のこりの原因は筋膜の繋がりが作る姿勢です。

体の前の筋膜の繋がりを整えることで、根本的な解決へと導きます。

詳しくはこちらから

腰痛

 

頑固な腰痛の原因は筋膜の繋がりが作る姿勢から来ています。

筋膜を整え、正しい姿勢を取ることで腰痛を根本から解決することができます。

詳しくはこちらから

脳梗塞、骨折後のリハビリに

脳梗塞パーキンソン病、骨折後の後遺症による関節の硬さ動かし難さに対しても筋膜リリースで改善が見られています。

 

脳梗塞の後遺症に対してはこちらから

骨折後の後遺症に対してはこちらから

 

プロフィール

Rolf Concept

代表 星 圭悟(Hoshi Keigo)

 

・作業療法士

・米国GSI認定 Structural Integration Practitioner

 

経歴

2006 千葉県医療技術大学校 作業療法学科 入学

2009 千葉県医療技術大学校 作業療法学科 卒業

2009 作業療法士免許取得

2009 旭神経内科リハビリテーション病院 入職

2014 G.S.I Practitioner 取得

 

過去に参加した主な講習会・勉強会

 

・2013年 ボバースコンセプト イントロダクトリー講習会

・2013年 第一期大阪 G.S.I Basic Training Aouditor 

・2014年 G.S.I Basic Traning in Kauai Practitioner 

・2015年 Post10 work shop in Kauai

・2016年 トーマスマイヤースと学ぶ筋膜解剖学実習コース

・2016年 Fascial Integrationセミナー

料金

 筋膜リリース(30分) 5,400円(税込)

アクセス

千葉駅より徒歩5分、本千葉より徒歩3分、京成千葉より徒歩5分。

近くにコンパーキングもございます。1時間分の駐車料金をご負担致します。

また、訪問での施術も行なっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お申し込み

メモ: * は入力必須項目です