ロルフコンセプト 姿勢と心のリハビリ

姿勢に対する考え方

姿勢と重力

 

姿勢の保持を考える上で、重力は非常に重要な要素になります。

重心と支持基底面の関係や、姿勢を保つのために必要なことについて考えていきます。

続きはこちらから

効率的な姿勢保持

私達は進化の過程の中で、腹這い、四足歩行、二足歩行と重力に対して拮抗する進化を遂げてきました。そのため、姿勢を決めている軟部組織・筋骨格系も同様に重力に 適応した進化を遂げています。

 

続きはこちらから

姿勢と動作

普段私たちが何気なく行っている動作は、姿勢と密接な関係があります。動作が生まれる過程や、姿勢と動作の関係について説明していきます。

 

続きはこちらから

姿勢と筋膜

筋膜とは全身を覆っている膜のことであり、左の写真にある半透明に見える膜です。各筋肉を包み、それらを繋ぎ止め位置関係を決めています。筋肉だけでなく、骨、神経、血管、脳、脊髄、内蔵を包み、それぞれの位置関係を決定します

 

続きはこちらから

姿勢と痛み

ただ立っている、座っているだけで痛みがあったり、同じところの痛みを繰り返してしまう人は、姿勢が影響しているかもしれません。姿勢と痛みについて、循環障害に着目して説明していきます。

 

続きはこちらから

姿勢と気持ち

うつむいた姿勢の人を見て、「元気がない」、「悲しそう」と思い、胸を張っている人を見て、「自信がある」、「イキイキとしている」と思うように、姿勢と気持ちの関係について様々なことが言われています。

 

続きはこちらから