ロルフコンセプト 姿勢と心のリハビリ

効率的な姿勢保持

体を支えているのは骨と筋肉と思っている方も多いと思いますが、

腹圧を使えるようになることで効率的に体を支えられるようになります!

私達は進化の過程の中で、腹這い、四足歩行、二足歩行と重力に対して拮抗する進化を遂げてきました。

 

そのため、姿勢を決めている軟部組織・筋骨格系も同様に重力に 適応した進化を遂げています。

 

 その一つに、腹圧による姿勢保持の機能があります。脊柱の前方に位置する腹腔(風船が入っている所)が、上方は横隔膜、下方は骨盤底筋群、前面・側面は腹横筋 により圧力が加わった風船のように働き、重力に拮抗する機能です。

 

腹圧の力は、腹腔容積(風船の大きさ)が大きくなることで生まれる力も大きくなり、水平に位置することで抗重力方向へ力を発揮できます。

 

体が捻れると?

しかし、身体に捻れや歪みが生じると腹腔容積(風船の大きさ)が減少するため腹圧から得られる力が減少してしまいます。  

 

また筋肉の位置や長さも変わるため、筋肉の特性により筋力も低下し腹圧から得られる力の位置もずれてしまいます。

 

 その結果、腹圧から生まれる力を効率的に使う事ができなくなるため、姿勢を保持するための代償的な筋収縮が起こり、非効率的(疲労しやすい、痛みを伴う不安定な姿勢保持をしてしまいます。

Structural Integrationが目標とする水平な身体は、腹腔容積(風船の大きさ)を最大限に大きくできるため、腹圧から得られる力を最大限に発揮することができます。

 

また、腹圧から得られる力を抗重力方向に発揮できるため、効率的な姿勢保持を可能にし、重力場において適応した姿勢の保持を可能にします。

2015年

12月

12日

良い姿勢・わるい姿勢

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

14日

猫背の治し方 1

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

16日

猫背の治し方2 全身の繋がり

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

18日

手のしびれ

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

20日

肩こり・首こりと姿勢

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

25日

腰痛と姿勢

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

08日

足のしびれ 坐骨神経痛

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

09日

セッション before after

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

13日

肩の痛み・制限  五十肩

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

20日

抑うつ気分

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

13日

膝の痛み

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

19日

姿勢と筋力

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

20日

姿勢と便秘

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

21日

姿勢と呼吸

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

03日

つまずく 転倒

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

22日

身体への気づき

続きを読む 0 コメント

2016年

7月

23日

脳梗塞、脳出血の後遺症に対する筋膜リリース、Structural Integration

続きを読む 0 コメント

2016年

8月

20日

大腿骨頸部骨折に対する、筋膜リリース、Structural Integration

続きを読む 0 コメント