ロルフコンセプト 姿勢と心のリハビリ

プロフィール

Rolf Concept

代表 星 圭悟(Hoshi Keigo)

 

・作業療法士

・米国GSI認定 Structural Integration Practitioner

 

経歴

2009 千葉県医療技術大学校 作業療法学科 卒業

2009 作業療法士免許取得

2009 旭神経内科リハビリテーション病院 入職

2013 第一期大阪 Basic Training Aouditor 

2014 Basic Traning in Kauai Practitioner 

2015 Kauai Valentine Work shop 

2016 筋膜解剖実習

2016 Fascial Integration 


趣味

・釣り

・ゴルフ

・料理(カレー作り)

作業療法士になったきっかけ

中学から高校までバスケ部で汗を流していましたが、

高校2年の夏に練習中、左の内側広筋を部分断裂してしまいました。

その時通っていた整形外科でのリハビリをきっかけに、

リハビリの仕事に興味を持ち、作業療法士を目指すようになりました。

 

Structural Integrationを始めたきっかけ

これまでの作業療法士としての臨床経験の中で、

寝返りや起き上がり、歩行ができない方から、

慢性的な痛みや体の動きに制限や麻痺がある方まで、約1,000名以上の方を退院まで

リハビリをさせて頂く機会をいただきました。

また、最適なリハビリを提供できるよう様々な勉強会・講習会に参加し、

解剖学・生理学・運動学・神経生理学・生態心理学などの知識を深めてきました。

 

それらの経験の中で、皆様に共通して、

姿勢が原因となる「身体や動きの制限」、「痛み」が多くある事に気づき、

GSI認定ワークショップに参加し、Stracrural Integrationについて学び始めました。

 

2013年、ニール・パワーズ氏(米国GSI代表)を講師として行われた

第一期大阪ベーシック トレーニングに聴講生として参加。

2014年、アイダ・P・ロルフ博士に初めてインストラクターとして任命された、

エメット・ハッチンズ氏を講師として行われた

カウアイ ベーシック トレーニング(アメリカ)にて認定クラスを終えました。

 

施術を受けた患者様に、

「身体って変わるんだ、身体が痛かったのはこのせいか!」

といった発見をたくさんしていただけますよう、

また、「これなら、もっと楽な身体に変われそう!」

と思ってくださいますように、誠心誠意、心を込めて施術をさせていただいております。